ホーム   情報  アメリカ  アメリカへの投資  米国が第2弾の経済的影響給付金(Economic Impact Payments)を支給する 

情報

人気検索

シェア

米国が第2弾の経済的影響給付金(Economic Impact Payments)を支給する

米国が第2弾の経済的影響給付金(Economic Impact Payments)を支給する

米国内国歳入庁(IRS)と財務省は2020年12月末から第2弾の経済的影響給付金(給付金とも呼ばれ)を支給し始めます。本稿では、第2弾の給付金について簡単に紹介します。

第2弾の給付金はどのように受給できますか?

IRSの情報によると、第2弾の給付金を受給するためには何もする必要はありません。資格に該当する納税者は自動的に給付金を受給します。

給付金を受給する資格があるのは誰ですか?

通常、納税者身分が被扶養者でない米国市民及び外国人居住者は第2弾の給付金を受給する資格があります。資格に該当する納税者は、納税者身分が独身であれば、一人当たり最大600ドル(既婚者は1,200ドル)の給付金を受給します。扶養している子供がいる場合は、追加600ドルを受給します。2019年に独身者の総収入が75,000ドル(夫婦合算申告の場合は150,000ドル)を下回ると、600ドルの給付金の全額を受給する資格があります。収入が当該基準を超えた納税者に対して、給付金は比例して減少します。

第2弾の給付金はいつ受給しますか?

直接預金支給の場合は、個人口座に振り込むには数日かかるかもしれません。2021年1月4日の予定支給日(公式な日付)前に、納税者の預金口座に未決済または未確定の状態となっている給付金はすでに見えるかもしれません。

郵送による小切手支払いは、もっと多くの処理・郵送時間がかかります。海外に居住する適格納税者は、ある国家の航空旅行や郵便配達の中断の原因で配達スピードが遅くなるため、待つ時間がもっと長いです。

あなたはIRSの公式ウェブサイトで第1弾及び第2弾の給付金の状態を調べることができます。

給付金が届かない、又は受給した金額は予想より少ない場合はどうすればいいですか?

第2弾の給付金の支給は2020年12月下旬に始まり、2021年1月中旬まで続きます。直接預金支給を使用し、かつ有効な口座情報と振込番号を持つ納税者は優先的に給付金を受け取ります。IRSは第2弾の給付金を支給するスピードが速いので、ある給付金は閉鎖された口座又は失効した口座に振り込まれる可能性があります。法律に基づき、この場合には、金融機関は非アクティブな口座に入金すべきではないので、給付金をIRSに返還しなければなりません。IRSはこれらの欠陥に対する修正方法を検討していますが、もしあなたは2020年確定申告書を提出するときにまだ正確な給付金を受け取っていない場合、あなたの確定申告書で税収優遇を申請して税額を控除することができます。

当該税収優遇金額の計算は、2020年納税年度の情報(収入を含み)に基づくほか、その他は給付金の計算と類似しています。

給付金の一部を受け取った者は、2020年確定申告書1040又は1040-SRの第30行の記入を通して、獲得できる残りの金額を税収優遇として受け取ることができます。

もっと詳細な情報や支援をご希望の場合は、下記のお問い合わせをご利用になってください。

メール: info@kaizencpa.com
固定電話: +852 2341 1444
携帯電話: +852 5616 4140, +86 152 1943 4614
ライン・WhatsApp・WeChat: +852 5616 4140
公式ウェブサイト:www.kaizencpa.com
Skype: kaizencpa

ダウンロード: 米国が第2弾の経済的影響給付金(Economic Impact Payments)を支給する [PDF]

言語選択

English

繁體中文

简体中文

閉じる