ホーム   情報  アメリカ  会社設立  カリフォルニア州会社通称名 

情報

人気検索

シェア

カリフォルニア州会社通称名

カリフォルニア州会社通称名

カリフォルニア州で営利活動に従事する個人または企業実体にとって、会社名は重要なブランド戦略です。カリフォルニア州会社通称名(Fictitious Business Name)は、商業名称(DBA)とも呼ばれ、ブランディングの目的にのみ利用され、事業構造ではありません。

個人又は企業実体は、企業所在地のカウンティー(郡)の登録記録員・郡職員のオフィスに会社通称名(FBN)声明を提出しなければなりません。企業所在地がカリフォルニア州にいない場合、企業はサクラメント郡のオフィスに登録する必要があります。

カリフォルニア州の法律に基づき、個人事業主、パートナーシップ、有限責任会社または株式会社はその他の名称を使用し商業活動を行う場合、商業名称(DBA)を登録しなければなりません。会社通称名(FBN)声明提出後、企業は当該名称を使用し公衆に向かって、商業活動を行うことができます。

商業名称を提出するには、まず郡政府のウェブサイトにカリフォルニア州商業名称検索を行うことが必要です。当該名称が使用可能であれば、企業所在地の郡の登録記録員・郡職員のオフィスに会社通称名(FBN)声明を提出することができます。会社通称名(FBN)声明は通常、営業後40日以内に提出されなければなりません。

会社通称名(FBN)声明の費用は提出先の都市・郡によって異なります。費用の詳細は直接会社所在地の郡登録記録員・郡職員のオフィスへお問い合わせをすることができます。

会社通称名(FBN)声明の有効期間は5年、または声明の中の事実が変化する時点までのいずれか早い方に準じます。

会社通称名(FBN)声明提出後30日以内に、申請者は必ず主たる営業所周辺の現地の一般新聞に当該声明を週に1回、4週連続で掲載しなければなりません。最後の公告を終了した後30日以内に、申請者は郡オフィスに公告証明書を提出しなければなりません。このステップが完了しますと、商業名称申請のすべての手続きが完了します。

注意すべき点としては、企業は商業名称(DBA)を申請する前に郡登録記録員・郡職員のオフィスへコンプライアンスに関するアドバイスのお問い合わせをすべきです。本稿は参考用に限ります。

もっと詳細な情報や支援をご希望の場合は、下記のお問い合わせをご利用になってください。

メール: info@kaizencpa.com
固定電話: +852 2341 1444
携帯電話: +852 5616 4140, +86 152 1943 4614
ライン・WhatsApp・WeChat: +852 5616 4140
公式ウェブサイト:www.kaizencpa.com
Skype: kaizencpa

言語選択

English

繁體中文

简体中文

閉じる